第2回計算が得意な10歳の少女 「借金返済のため」30万円で売られる

有料記事

ヘラート=石原孝
[PR]

 未舗装の通りに、砂ぼこりが舞う。通り沿いの土塀の家をのぞくと、スカーフをかぶった幼い少女が軒先で皿を洗っていた。私を家の中に案内し、慣れた手つきで緑茶を入れてくれた。

 その様子を眺めながら、少女の父アブドゥルラヒム・ミルザイ(42)は言った。「この子を別の家庭に20万アフガニ(約30万円)で売ると決めたんです」

 7月下旬、アフガニスタン西部のヘラート郊外。私は、あるうわさの真相を突き止めようと、家々を回っていた。タリバン支配下で生活が苦しくなり、人々が幼い子供を売っているという話だった。

【連載】混迷の十字路 アフガニスタン政権崩壊から1年

イスラム主義勢力タリバンがアフガニスタンの政権を崩壊させ、権力を握ってから8月15日で1年になります。国際援助が減り、失業や食料不足が暮らしを直撃しています。懸命に生きる人々の姿に迫ります。

「医師になりたい」少女、漏らした本音

 少女の名は、ライハナ。小学3年生で、10歳だと言った。

 ライハナは、現地で休日の金…

この記事は有料記事です。残り1768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。