【写真まとめ】タリバン支配下にマクドナルドっぽい店 アフガンは今

カブール=石原孝
[PR]

 イスラム主義勢力タリバンアフガニスタンの政権を崩壊させ、権力を握ってから8月15日で1年。貧困や失業、暴力といった暗い話題が目立ちますが、市場では買い物客が行き交い、バッグを背負った学校帰りの子どもたちの姿も見かけます。

 タリバンは女性に対して、全身を覆う服装をせよと命令しています。タリバンの本拠カンダハルなどの南部では、街で見る女性のほとんどが、全身を覆う伝統衣装ブルカを着ていました。ただ、首都カブールや西部ヘラートでは、頭を布で覆っても、顔を隠すことまではしない女性もいます。

 5月下旬から8月中旬にかけて、断続的に約50日間、国内各地を訪ねました。普段、取りあげる機会が少ない日常の暮らしや街角の風景、記者が腹を満たした食事の様子などを写真で紹介します。(カブール=石原孝