【そもそも解説】タリバン支配から1年 アフガニスタンが抱える問題

有料記事そもそも解説

カブール=石原孝
[PR]

 イスラム主義勢力タリバンアフガニスタンの首都カブールを制圧し、ガニ政権を崩壊させてから8月15日で1年になる。

 テロを繰り返してきたタリバンが復権したことを受け、多くの国の大使館や国際機関が撤退したままだ。2月に起きたロシアによるウクライナ侵攻後、アフガニスタンに対する国際社会の関心はますます低下。国家予算の約半分を支えてきた国際援助は減り、街には失業者があふれている。

 干ばつや世界的な食糧難も追…

この記事は有料記事です。残り713文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
そもそも解説

そもそも解説

なぜ?どうして? いま気になるニュースの「そもそも」を、Q&A形式で解説します。[記事一覧へ]