商業施設女性刺殺事件、17歳少年の懲役10~15年の不定期刑確定

中山直樹
[PR]

 福岡市内の商業施設で女性(当時21)を刺殺したなどとして、殺人などの罪で福岡地裁から懲役10年以上15年以下の不定期刑を言い渡された少年(17)の判決が確定した。控訴期限の8日までに、弁護側、検察側の双方が控訴しなかった。

 弁護人によると、8日に少年の意思を確認するために面会。少年は、落ち着いた様子で控訴しない意向を示したという。

 判決によると、当時15歳の中学生だった少年は2020年8月28日、同市中央区の商業施設内で包丁2本を盗み、1階の女子トイレで、面識のなかった女性の首などを包丁で刺して殺害。さらに、施設内にいた女児(当時6)を逃走する際の盾にしようとして女児の母親を包丁で脅した。

 公判では、事件の重大性を踏まえて刑事処分を科すか、少年の更生を期待しての保護処分が妥当かが争われた。少年は被告人質問で、被害女性に謝罪の言葉を述べる一方、自身の更生については「すぐには人は変わらない。クズはクズのままだと思う」と発言していた。(中山直樹)