陽性者出ていた九州国際大付、集団感染と判断 11日に明徳義塾戦

安藤仙一朗
[PR]

 第104回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の大会本部は9日、新型コロナウイルスの陽性者が出ていた九州国際大付(福岡)について、集団感染と判断したと発表した。

 大会第6日の11日に予定されている明徳義塾(高知)との初戦については、感染拡大予防ガイドラインに基づいて行うかを判断する。

 大会本部はガイドラインを一部改定し、集団感染が発生した場合、「試合前の72時間以内に全員の陰性が確認された場合、出場を認める」「感染拡大に歯止めがかかるなどしている場合、一部の登録選手らを入れ替えることができる」などとした。

 今大会では組み合わせ決定後に県岐阜商が集団感染と判断され、登録選手18人のうち10人を入れ替えた。

 試合前72時間以内に新たに登録された10人を含むチーム全員の陰性が確認されており、第4日の9日の第4試合で、社(やしろ)(兵庫)と予定通りに1回戦を戦う。(安藤仙一朗)