• アピタル

精神科医の中井久夫さん死去 阪神大震災で被災者の精神的ケアに尽力

 詩の翻訳やエッセーの文筆家として知られ、阪神大震災では被災者の精神的なケアに尽力した精神科医神戸大名誉教授の中井久夫さんが8日、死去した。88歳だった。

 奈良県生まれ。京都大医学部を卒業後、名古屋市立大助教授を経て、1980年に神戸大の教授になった。95年の阪神大震災の際は精神科医同士の連携に奔走。2004年には兵庫県こころのケアセンター長に就任し、被災者の心的外傷後ストレス障害(PTSD)への対応に当たった。

 ギリシャの詩人の全作品を翻訳した「カヴァフィス全詩集」で読売文学賞(研究・翻訳賞)、医師としての日常などをつづったエッセー集「家族の深淵」で毎日出版文化賞を受賞した。13年には文化功労者に選ばれた。