【そもそも解説】ペロシ氏の訪台、中台関係が緊迫しているのはなぜ?

有料記事そもそも解説

林望
[PR]

 Q 先週、米国のペロシ下院議長が台湾(たいわん)を訪問して大きな騒ぎになったね。

 A 中国が台湾を囲むような形で軍事演習を行い、日本の排他的経済水域(EEZ)にもミサイルが飛んできた。地域の心配の種だった台湾をめぐる緊張(きんちょう)が、一気に高まったんだよ。

 Q なぜ中国は怒(おこ)っているの?

 A 中国は台湾は自国の一部で、国ではないという立場だ。米国は1979年に中国と国交正常化した時、おおむね中国の主張を受け入れ、その証しとして台湾との高官や要人の行き来を遠慮してきた。このルールを米国が最近、破っていると怒っているんだ。

 Q 中国と台湾はなんで対立しているの?

 A 49年に中国共産党が「中華(ちゅうか)人民共和国」をつくるまで、共産党は国民党という政党と中国の支配を争っていた。敗れた国民党は台湾に逃(のが)れ、それまで中国にあった「中華民国」を台湾で存続させた。共産党はいつか中台を統一して、この状態を解消したいと考えているんだ。

これまでも緊迫した場面が

 Q 米国は中台とどうつきあ…

この記事は有料記事です。残り354文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
そもそも解説

そもそも解説

なぜ?どうして? いま気になるニュースの「そもそも」を、Q&A形式で解説します。[記事一覧へ]