選対委員長は森山裕氏で調整 昨年の総裁選で河野氏支持

有料記事

[PR]

 岸田文雄首相は9日、自民党の選挙対策委員長に森山裕総務会長代行を充てる方向で調整に入った。森山氏が率いる森山派は岸田政権で非主流派に位置づけられてきたが、党4役に処遇することで主流派に引き込み、党内基盤を強化する狙いがある。

 森山氏は安倍・菅両政権下で国会対策委員長を務め、政権与党内では調整力に定評がある。首相は森山氏に選対委員長として、衆院小選挙区の新しい区割りを受けた候補者調整を担わせる考えだ。

 党執行部の人事では、これま…

この記事は有料記事です。残り197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年8月9日17時58分 投稿
    【解説】

    自民党の選対委員長は、幹事長、総務会長、政調会長と並ぶ党四役の一つに数えられる要職です。 昨年秋の党役員人事では、決選投票にもつれこんだ総裁選での支援関係に配慮する必要がありましたが、今回は派閥領袖クラスのベテランで党四役を固め、政権