議会襲撃、選挙不正…トランプ氏めぐる疑惑色々 FBI捜査の行方は

有料記事

ワシントン=望月洋嗣
[PR]

 トランプ前米大統領のフロリダ州の自宅「マール・ア・ラーゴ」が8日、連邦捜査局(FBI)の捜索を受けた。米メディアは、トランプ氏の大統領退任時、ホワイトハウスから15箱分の文書が運び出された経緯の捜査の一環と報じている。

 15箱の中には、機密指定された文書も多く含まれるとされ、公文書を管理する国立公文書記録管理局が司法省に捜査を要請した。訴追に向け、文書の移転が意図的になされたかどうかが焦点になるという。

 今後注目されるのは、捜査がどう展開していくかだ。トランプ氏をめぐっては、このほかにもいくつもの疑惑が取りざたされている。

 最も注目を集めているのは…

この記事は有料記事です。残り718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!