• アピタル

心のケアから文筆活動まで「気づきをくれた」 中井久夫さんを悼む

有料記事

 8日に88歳で亡くなった精神科医神戸大名誉教授の中井久夫さんは、統合失調症の専門家として功績を残す一方、阪神・淡路大震災の被災者支援にも尽力した。文筆活動でも活躍し、晩年まで精力的に活動を続けた。

 中井さんは京都大医学部を卒業後、統合失調症治療の専門家として、患者に川や山などの絵を描いてもらう独自の芸術療法「風景構成法」を発案した。

 心的外傷後ストレス障害(PTSD)という言葉がまだ一般的ではなかった1995年、自宅で阪神大震災を経験した。当時は神戸大教授。被災者からの電話での問い合わせに応じたり地域の精神科医の連携に努めたりするなど、司令塔的な役割を果たした。

 2004年に開設された兵庫…

この記事は有料記事です。残り691文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!