藤井聡太竜王と激突の菅井竜也八段 自らを「三流」と語る盤上格闘家

有料記事

北野新太

 将棋の第81期名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)2回戦の菅井竜也八段(30)対藤井聡太竜王(20)=王位、叡王、王将、棋聖と合わせ五冠=戦が10日、名古屋市の名古屋将棋対局場で行われている。A級1期目で名人挑戦権獲得を目指す王者と激突している菅井八段とは、どんな棋士なのか。「ヤンチャ流」とも呼ばれる盤上格闘家の素顔を紹介する。

[PR]

 今年1月、格闘技ファンの菅井に興味本位で尋ねた。年末年始の格闘イベントで最も熱くなったファイトはどの一戦か、と。彼は即答した。

 「扇久保選手は本当にすごいなと思いました。挑戦して負けて、挑戦して負けてを繰り返した後、最年長の立場になってからでも結果を残したのは本当にすごいな~って」

 昨年の大みそかに開催された総合格闘技大会「RIZIN.33」のバンタム級JAPANグランプリにおいて、キャリア最高のパフォーマンスを見せて井上直樹選手と朝倉海選手を破って優勝した当時34歳の扇久保博正選手へのリスペクトを示した。そして、ふと自らと重ね合わせるように続けた。

藤井聡太竜王 vs. 菅井竜也八段を木村一基九段がLive解説~五冠王と朝日杯覇者が激突~

将棋の第81期名人戦・順位戦のA級順位戦2回戦で、藤井聡太竜王と朝日杯の覇者・菅井竜也八段が対局します。木村一基九段によるライブ解説の視聴申し込みはこちら。有料会員の方は無料です。9月10日まで何度でもご覧頂けます。

 「棋士の寿命(現役生活)は…

この記事は有料記事です。残り1385文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!