日大三の藤巻「3安打より勝ちたかった」 打撃で奮闘→最後の打者に

[PR]

(9日、第104回全国高校野球選手権大会1回戦 聖光学院4-2日大三)

 日大三は二塁打5本を含む9安打を放ったが、2得点に終わった。左の技巧派から右の本格派への継投策にかわされ、8残塁。鋭い当たりが野手の正面を突く不運もあった。1番の藤巻一洸(いっこう)は3安打と気を吐いたが、2点を追う九回は2死一塁で一ゴロに倒れた。「3安打より勝ちたかった」。西東京大会の6試合で74得点を記録した打線にとって悔いが残る敗戦となった。