デザイナーの三宅一生さん死去、84歳 70年代から世界的に活躍

有料記事

 機能性と汎用(はんよう)性を兼ね備えた衣服を追求し、1970年代から世界の第一線で活躍したデザイナーの三宅一生(みやけ・いっせい、本名・一生=かずなる)さんが5日、肝細胞がんで死去した。84歳だった。葬儀はすでに執り行われた。故人の遺志によりお別れ会は行わない。国際的に名を知られる日本人の一人で、大きな影響力があった。

 広島県出身。63年に多摩美術大学を卒業後、パリに渡り、服作りを学んだ。移りゆく「ファッション」とは一線を画した普遍的な衣服を追い求め、「ファッションデザイナー」と呼ばれることを嫌った。

 布を切って体に合わせた服を…

この記事は有料記事です。残り244文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!