大統領選出馬、見据えるトランプ氏 FBI捜査「魔女狩り」批判

有料記事

ワシントン=高野遼
[PR]

 トランプ氏は2024年の大統領選への出馬に意欲をみせている。今年11月には米議会中間選挙も控えるなか、米連邦捜査局(FBI)による強制捜査が米政局にどのような影響を及ぼすかが注目される。

 トランプ氏は8日、声明で捜査を「魔女狩りだ」と指摘。「彼らは私が推薦する候補者が大勝利を収め、あらゆる世論調査で私が優位に立つのを見て、もう一度、私と共和党を止めようとしているのだ」と批判した。

 トランプ氏は最近、政治活動を活発化している。中間選挙に向けた党の候補者を決める予備選では多くの候補者に推薦を出し、存在感をみせる。

 先月は米誌のインタビューで…

この記事は有料記事です。残り940文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!