武豊さん、1学年違いのKKコンビの記憶 騎手人生と重ねる球児の姿

有料記事

構成・有吉正徳
[PR]

第104回全国高校野球選手権大会 武豊さんの観戦記

 甲子園球場で高校野球を見るのは39年ぶりです。中学3年の時、野球部の友人と2人で、第65回大会(1983年)の準決勝、PL学園(大阪)対池田(徳島)戦を見に来ました。

 もう騎手になるという気持ちは固まっており、競馬学校に入学する前の年でした。PL学園が7―0で池田に勝った。この大会で、たった1学年しか違わない清原和博選手と桑田真澄選手が大活躍する姿を見て、びっくりしたのを覚えています。

 日大三(西東京)と聖光学院(福島)の試合は接戦になっています。前半は聖光学院が押され気味。でもよく我慢した。四回のピンチを1失点でしのいだのは大きい。

 球児がプレーしている姿を見…

この記事は有料記事です。残り801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!