投票率アップのヒントはオーストラリアに? 国政選挙90%の国では

有料記事ニュース4U

向井光真
[PR]

 先月、投開票された参院選投票率は52・05%と過去4番目の低さだった。海外に目を向けると、国政選挙の投票率がほぼ90%以上の国がある。オーストラリアだ。低投票率を改善するヒントを探ろうと、大阪市のオーストラリアンパブを訪ねた。

 「投票を義務とは感じていない。自分の権利と責任だと思っている」。教育関連の仕事をするトッド・アレンさん(35)=兵庫県在住=はグラスを傾けながらそう話す。シドニー出身で、2017年から日本で暮らしている。

 幼い頃から、選挙のたびに親に連れられて投票所に足を運んだ。小学校から国や地方の政治の仕組みや民主主義の意義などを教わり続けたため、投票への抵抗感はないという。

 オーストラリアでは、理由なく棄権すると罰金が科される「義務投票制」が導入されている。罰金は20豪ドル(約1900円)、納付が滞ると50豪ドル(約4800円)に増額される。ただ、海外渡航や入院中など「正当かつ十分な理由」があれば免除される。

 一部の投票所付近では、地域…

この記事は有料記事です。残り2059文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
#ニュース4U

#ニュース4U

「#N4U」取材班が読者の皆さんから身近な疑問や困りごとを募集し、SNSで情報交換しながら深掘り取材します。[記事一覧へ]