【詳報】旧統一教会との関係問われる自民党 岸田政権、内閣改造の日

有料記事

[PR]

 岸田文雄首相(自民党総裁)は10日、党役員人事と内閣改造を行いました。党役員や閣僚に起用された議員らの動きや発言、自民党の各派閥や野党の反応などを時系列で追いました。

10:00

自民党本部で臨時総務会が始まる

 自民党本部で、新たな党役員を決めるための臨時総務会が始まった。

 岸田文雄首相(自民党総裁)は、麻生太郎副総裁と茂木敏充幹事長を続投させ、政調会長に萩生田光一経済産業相、総務会長に遠藤利明選挙対策委員長、選対委員長に森山裕総務会長代行をそれぞれ起用する。高木毅国会対策委員長は留任させる。

10:00

岸田首相「難局突破、政策断行に邁進したい」

 自民党総裁の岸田文雄首相は、党本部で開いた総務会で新旧党役員を前にあいさつした。旧役員に対し、「ともに多くの課題に立ち向かい、一定の成果を上げることができた」と謝意を述べた。

 その上で、「心機一転、気持ちを新たに難局突破、政策断行に邁進(まいしん)していきたい。日本は今、戦後最大級の難局の最中にあり、政治の空白は一時も許されない。新役員には、今この瞬間から高い緊張感を持ってこの難局に臨んでいただきたい」と呼びかけた。

10:50

党新執行部の就任会見が始まる

 自民党新執行部が記者会見に臨み、茂木敏充幹事長は「本日発足した新体制で難局突破、政策断行を進める岸田政権をしっかり支えていきたい」と意気込みを語った。

 前選挙対策委員長の遠藤利明氏は新執行部では総務会長に就任。「今度は総務会長として党内の多様な意見、多様な考え方をしっかりとりまとめ、岸田政権をしっかりと支えていく」と述べ、「党内の融和役」としての役割を果たすとの考えを示した。

10:55

萩生田政調会長「防衛力強化の公約、速やかに実行」

 自民党の萩生田光一政調会長は党本部で開かれた就任記者会見で、「日本を取り巻く安全保障環境がいっそう厳しさを増す中で、外交・安全保障政策の強化が最大の課題と言える。党の政策責任者として、与えられた使命を全うしたい」と述べた。

 岸田文雄首相は年末までに安全保障関連3文書の見直しを掲げており、萩生田氏は党の取りまとめ役を担う。

 萩生田氏は「自民党はNATO(北大西洋条約機構)諸国と同様のGDP(国内総生産)比2%以上を念頭に、5年以内に防衛力の抜本的強化を進めることを先般の参院選で公約として掲げた」と説明。「これを速やかに実行に移していかなくてはならない」と強調した。

10:55

党新執行部4人の旧統一教会との関係性は?

 自民党新執行部による記者会…

この記事は有料記事です。残り11387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    能條桃子
    (NoYouthNoJapan代表)
    2022年8月10日14時58分 投稿
    【視点】

    20名のうち59歳未満2人、女性2人 これを「手堅い」人事と評している今の通常モードのおかしさに慣れ切っているこの社会に絶望しかけています。 また、せめて環境大臣、経済産業大臣には気候変動への危機理解がある人、これまで主張していた人が登

  • commentatorHeader
    磯部佳孝
    (朝日新聞記者=政治、世論調査)
    2022年8月10日14時29分 投稿
    【視点】

    報道機関各社の世論調査で内閣支持率が下がる傾向にあるなか、岸田首相は内閣改造に踏み切りました。歴代首相も政権浮揚につながようと、人事のカードを切ってきましたが、必ずしも内閣支持率アップにつながっているわけではありません。 そもそも、内

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]