普遍的な衣服追い求め 三宅一生さん、革新的なデザインで世界を魅了

有料記事

 機能性と汎用(はんよう)性を備えた服作りで1970年代から活躍した、「イッセイミヤケ」の創始者でデザイナーの三宅一生(みやけ・いっせい、本名・一生=かずなる)さんが5日、肝細胞がんで死去した。84歳だった。葬儀は既に営み、告別式やお別れの会は行わない予定。世界的に著名な日本人の一人で、大きな影響力があった。

 広島県出身。7歳の夏に被爆した。1963年に多摩美術大学を卒業後、パリで服作りを学んだ。修業中に一般市民が自由を求め声をあげる「パリ五月革命」に遭遇。多くの人が心地よく、自分らしくいられる服を作ろうと決意した。移りゆく「ファッション」とは一線を画した普遍的な衣服を追い求め、「ファッションデザイナー」と呼ばれることを嫌った。

 布を切って服を作るのではな…

この記事は有料記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

2022年に亡くなった方々

2022年に亡くなった方々

エリザベス女王、安倍晋三元首相、石原慎太郎さんなど2022年に亡くなられた方の、ありし日をしのぶ記事を集めました。[記事一覧へ]