ゲゲゲの妖怪提灯、熱帯夜もひんやり 福岡・柳川の料亭旅館で企画展

有料記事

外尾誠
[PR]

 妖怪を描いた提灯(ちょうちん)を飾るイベント「奇怪夜行」が、福岡県柳川市の料亭旅館・柳川藩主立花邸御花(おはな)で開かれている。牛鬼や海坊主、一つ目小僧など、闇夜に浮かぶ不気味な姿が涼を呼ぶ。

 約40点の提灯を手がけたのは、伝統工芸「八女提灯」の老舗・伊藤権次郎商店(同県八女市)の8代目、伊藤博紀さん(32)。漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんのファンで、5年ほど前から妖怪提灯作りに取り組んでいる。

 展示場所を探す中、旧柳川藩…

この記事は有料記事です。残り221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!