北日本の大雨、いつまで続く 一部では平年の8月1カ月分の降水量

吉沢英将
[PR]

 北日本にある停滞前線の影響で、東北北部を中心に大雨が続いている。青森県秋田県では、1日で平年の8月1カ月分の降水量を上回っているところがあり、青森県西部を流れる1級河川の岩木川では氾濫(はんらん)の危険性が高い「氾濫危険水位」を上回る状態が続く。11日にかけて大雨のおそれがあり、気象庁は厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、青森県や秋田県で記録的な大雨となっているところがある。午前8時までに観測されている24時間降水量の最大値では、青森県で、深浦町325・0ミリ▽弘前市259・0ミリ▽鰺ケ沢町202・5ミリ。秋田県八峰町でも202・0ミリを記録し、いずれも観測史上最多を更新している。

 こうした大雨をもたらす前線は向こう1週間程度、北日本に停滞する見込み。11日午前6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで、東北150ミリ▽北海道100ミリ▽北陸50ミリ。その後の24時間では、東北、北海道100~150ミリ▽北陸50~100ミリ――の見込み。(吉沢英将)