ロシア軍空港爆発、ウクライナ抵抗運動が関与か ロシアは事故と主張

有料記事ウクライナ情勢

ロンドン=国末憲人
[PR]

 ロシアが占領するウクライナ南部クリミア半島の軍用空港で9日、大規模な爆発が起き、少なくとも1人が死亡した。ロシア側は事故と説明するが、ウクライナ抵抗運動がかかわったとの情報もある。ウクライナ側が反撃の範囲を拡大している可能性がある。

 現場は、半島西岸のノボフェドリウカ近くにあるサキ飛行場で、ロシア軍がウクライナ攻撃の拠点としているといわれる。爆発は午後3時20分(日本時間午後9時20分)ごろ起きた。模様を伝える映像によると、爆発が10回前後相次ぎ、うち2回は巨大な黒煙を立ち上らせた。爆発物や燃料に引火し、空港は大破したとみられる。

 この爆発で少なくとも1人が死亡したと、ロシア支配下の「クリミア共和国」首長アクショノフ氏がSNSで明らかにした。ロシア国営タス通信はロシア国防省筋の情報として、爆発の原因は火災防止の法令違反にあり、弾薬を爆発させようとした兆候や証拠はうかがえないと報じた。

 一方、米ニューヨーク・タイムズは、事情に通じた匿名のウクライナ軍当局者の証言として、ウクライナ側がかかわったと報じた。政府の指揮下にあるパルチザン(抵抗運動)が実行し、ウクライナ製の装置が使われたという。

 南部でのウクライナ軍の反攻…

この記事は有料記事です。残り375文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    佐藤優
    (作家・元外務省主任分析官)
    2022年8月10日10時16分 投稿
    【提案】

     ウクライナ政府が関与する勢力(正規軍に限られません)が爆破に関与したということが事実ならば、ウクライナ戦争の位相が変わる可能性があります。この点について、国末憲人氏は<ロシア側は事故と説明するが、ウクライナ抵抗運動がかかわったとの情報もあ