旭川大・池田「高校生活で一番。百点です」 大阪桐蔭に堂々の投球

[PR]

(10日、第104回全国高校野球選手権大会1回戦 旭川大3-6大阪桐蔭

 旭川大の先発右腕・池田翔哉は、大阪桐蔭を相手に堂々の投球を見せた。「高めに浮いたら打たれる。低めで勝負」を徹底した。3点リードの三回にバッテリーミスも絡んで1点差に追い上げられ、なお2死一、三塁。5番の海老根優大。粘られた末の7球目、決め球のスライダーでタイミングをずらし、バットに空を切らせた。六、七回に甘くなった直球を捉えられ、ソロ2本でひっくり返されたが、「変化球のほとんどが低めに決まったし、高校生活で一番良い投球だった。百点です」。