81歳父も死亡、79歳母の死因はコロナ 放置疑いで41歳長男逮捕

[PR]

 大阪市此花区の民家で衰弱した両親を放置したとして同居の長男(41)が保護責任者遺棄容疑で逮捕された事件で、大阪府警は10日、病院に搬送されていた父親の比嘉泰広さん(81)の死亡が確認されたと発表した。母親の喜美江さん(79)は8日夜、自宅で遺体で見つかっており、司法解剖の結果、新型コロナウイルス感染症で7日に死亡したとみられるという。

 逮捕されたのは同区西九条1丁目の無職、比嘉広一容疑者。此花署によると、比嘉容疑者は8日午後8時ごろ、「両親が倒れている」と119番通報した。救急隊が駆けつけたところ、喜美江さんはすでに死亡しており、泰広さんは意識不明の状態で病院に搬送された。部屋中にごみが散乱していたという。

 比嘉容疑者は両親との3人暮らし。「病院に連れて行ったり救急車を呼んだりしなかった。理由はわからない」と供述しているという。逮捕容疑は8月上旬、自宅で衰弱していた両親に必要な治療を受けさせず放置したというもの。