安倍氏銃撃「責任一生背負っていく」 二之湯氏が公安委員長退任会見

編集委員・吉田伸八
[PR]

 内閣改造で国家公安委員長を退任した二之湯智氏は10日、警察庁内で記者会見した。安倍晋三元首相の銃撃事件で警察庁が当時の警護警備の問題点の検証などを進めている中での退任となったことについて「道半ばであり、最後まで見届けることはできないが、後任の委員長の下、立派な検証・見直しの結果が報告できると思う」と述べた。

 二之湯氏は銃撃事件について「重大な結果を非常に重く受け止めている」と改めて言及。「私自身の政治的責任をおそらく一生背負っていくと思っている」と述べた。

 二之湯氏は2018年に「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の関連団体のイベントで京都府実行委員長を務めていたことが明らかになっている。これについて「当時、名前を貸したが、今となっては、もう少し考えるべきであった」と語った。(編集委員・吉田伸八

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]