クローゼットの6600万円盗んだ容疑 客の女、飲食店経営者宅から

岩田恵実
[PR]

 客として訪れた飲食店の経営者宅から現金約6600万円などを盗んだとして、警視庁は10日、不動産賃貸業の女(35)=東京都渋谷区=を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「他人の家には行ったが、物を取りには入っていない」と容疑を否認しているという。

 四谷署によると、女は6月5日午後9時45分~10時25分ごろ、飲食店経営者の男性(41)が住む新宿区内のマンション一室に侵入し、クローゼットに入っていた現金約6600万円のほか、ブランド品の時計やネックレスなど28点(計約208万円相当)を盗んだ疑いがある。女は男性が経営する飲食店の客だったという。

 男性の部屋は施錠されていたが、女は鍵業者を呼んだ上で自身のパスポートを見せて住人と信じ込ませ、解錠を依頼したという。帰宅した男性が被害に気がついて110番通報し、鍵業者がパスポート情報を控えていたことから女の関与が浮上した。(岩田恵実)