トーナメントに「絶対」はない 旭川大の先制パンチにハッとした記者

有料記事

安藤嘉浩
[PR]

 大阪桐蔭をヒヤリとさせた先制パンチは、セーフティーバントから始まった。

 一回表、旭川大の攻撃。1番近藤伶音(れおん)が左打席でいきなりバットを寝かせた。

 初球はファウルになった。ボールを挟んでの3球目、再び仕掛ける。勢いを殺した打球を三塁手と捕手の間に転がす。警戒していたはずの相手捕手の送球よりも早く、一塁を駆け抜けた。

 大阪桐蔭のエース川原嗣貴(しき)の動揺を誘ったか。

 犠打、安打、盗塁、四球で1死満塁に。5番・山保(さんぽ)亮太の中犠飛で1点を先取した。

 「近藤は北北海道大会から、ああいう形で出塁することが多かった。セーフティーが決まった時、絶対に点が入ると思った」

 山保はそう胸を張った。

 公式記録を調べると、近藤の夏はセーフティーバントから始まっている。

 旭川支部予選初戦の一回にも…

この記事は有料記事です。残り944文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!