パチンときれいに流し打ち、いつもの大阪桐蔭に戻った 高嶋仁の目

前・智弁和歌山監督
[PR]

智弁和歌山前監督 高嶋仁の目

 どのチームも最初は調子が出ないもんです。さすがの大阪桐蔭も初戦の硬さがあって、序盤はエンジンがかかりませんでしたね。

 ポイントは3点差とされた直後の三回の攻撃。2死一、二塁から、3番の松尾汐恩君が放った右前適時打だったと思います。バットをしっかり振って、どっからでも本塁打が出る大阪桐蔭打線ですが、ここぞという局面ではチーム打撃ができます。

 この場面も、松尾君がスライダーをパチンと合わせて、きれいに流し打った。打撃の理にかなっているし、走者を進める意味でも右打ちが鉄則の場面です。

 「ああ、いつもの大阪桐蔭に戻ったな」。ぼくはそう思いました。あれが、すべてやったと思います。この回の2得点で、まだ大阪桐蔭は2―3とリードを許しているのに、もう勝っているかのような雰囲気になりました。

 旭川大は見事に自分たちの野球をしたと思います。北海道の知人から、ええチームと聞いていましたが、その通りでした。

 先発の池田翔哉君は直球とスライダーで丁寧に低めをつきました。大阪桐蔭打線といえども、厳しいコースに来たら、そうそう打てるもんではありません。あとは緩急をもう少し使えれば、と感じましたが、それは欲張りすぎですかね。2本の本塁打は球が甘く入ってしまいましたが、彼を責めることはできんでしょう。

 ただ、攻守でミスが出たのは残念でした。三回の2失点目はバッテリーエラー、追加点が欲しい場面でバントや走塁の失敗もありました。

 王者を倒すには、焦らせないとだめです。3~4点リードで終盤に入ったら、雰囲気も変わっていたでしょうね。

 大阪桐蔭は苦労した分、次の試合は最初からきちっとした野球をやるでしょう。そういうチームです。(前・智弁和歌山監督)