会合には参加せず会費のみ 総務相になる寺田氏、教団側に2万円

[PR]

 総務相として初入閣する寺田稔氏(64)は10日、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の友好団体「国際勝共連合」の2018年の会合に、政治団体を通じて会費2万円を支出していたことを明らかにした。

 会費を支払っていたのは寺田氏の資金管理団体で、寺田氏の事務所によると、支払先の会合は18年10月25日に開かれた「国際勝共連合創立50周年記念大会」。

 10日に取材に応じた寺田氏は、「地元の知り合いに誘われたが、予定が合わずに参加しなかった」と説明。ただ、「時間があれば行く」と事前に言っていたため、会費を支払ったという。

 寺田氏は「(教団関連の団体とは)認識していなかった。旧統一教会に限らず、社会的に問題になるような諸団体についてはお付き合いをすることがないようにしていきたいと思います」と話した。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]