中台緊張の中、国民党の副主席が訪中 共産党幹部と会談するかに注目

有料記事

台北=石田耕一郎
[PR]

 中国の軍事演習で中台関係が緊張するなか、台湾の最大野党・国民党の夏立言副主席(副党首)ら数人が10日、中国を訪問した。訪中は6月から計画しており、27日まで滞在して中国の台湾人経済団体などと意見交換する予定という。中国共産党が夏氏らとの会談を行うかが焦点だ。

 夏氏らの訪中について中国と距離を置く蔡英文(ツァイインウェン)政権は時期が悪いとして、やめるよう勧告していた。夏氏は10日、空港で報道陣の取材に応じ、「この時期だから行く必要がある。中国との対話は必要だ」と述べ、現地で共産党が会談を設けた場合は拒まない考えを示した。

 国民党は発表で、「訪中を計画した時点で、ペロシ米下院議長の訪台や中国の軍事演習は想定していなかった」と説明。一行は福建省浙江省広東省などを訪ねる日程を組んでおり、「北京訪問はない」とした。

 民進党の蔡政権はこれまで…

この記事は有料記事です。残り245文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!