台風が週末に東日本に接近のおそれ、熱帯低気圧が発達の見通し

吉沢英将
[PR]

 小笠原諸島近海にある熱帯低気圧について、気象庁は10日、24時間以内に台風に発達する見込みだと発表した。今後、日本列島の南を北上し、12日夜から13日かけて東日本にかなり接近する恐れがあるという。同庁は土砂災害や低い土地の浸水などに注意するよう呼びかけている。

 同庁によると、10日午後3時現在、熱帯低気圧は1時間に約30キロの速さで北西へ進んだ。中心気圧は1006ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

 低気圧は日本の南を発達しながら北上し、24時間以内に台風になる見通し。東日本では12日から次第に風が強まって波も高くなり、暖かく湿った空気が流れ込んで大雨となる可能性があるという。(吉沢英将)