「自治体分断してまで」萩生田氏ら自民幹部「10増10減」に疑義

有料記事自民

菅原普
[PR]

 衆院選の「一票の格差」を是正するための「10増10減」を含む新たな小選挙区の区割り案について10日、新たに就任した自民党幹部から疑問視する発言が相次いだ。

 萩生田光一政調会長は会見で、都内では一つの自治体が複数の選挙区に分かれている事例があると指摘。「地方自治の大切さを考えたら、地方自治体を分断してまで代表者を出すことが本当に地域の声をくみ上げることになるのか」と述べた。国会議員を国民の代表と定める憲法とあわせて議論するべきだとの考えを示した。

 党内の候補者調整に関わる森…

この記事は有料記事です。残り284文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!