半地下住居に浸水、家族3人が犠牲に 韓国豪雨「格差を反映」

有料記事

ソウル=稲田清英
[PR]

 韓国を8日以降に襲った豪雨による浸水で、ソウル市内の「半地下」の住宅に住む家族3人が亡くなった。主に所得の低い層が暮らす、床が地面よりも低いところにある住宅で、韓国の格差社会を映し出したとの受け止めが広がっている。

 半地下住宅はほぼ道路と同じ高さに窓があり、空間の半分以上が地面より低い場合が多い。日当たりや換気がよくなく、雨水が室内に入りやすい。

 韓国警察や消防などによると、8日夜、ソウル南部の冠岳区にある集合住宅に大量の水が押し寄せ、半地下の部屋に暮らしていた家族3人が亡くなった。水圧でドアが開けられなくなったとみられるという。

 韓国の半地下の部屋は、北朝…

この記事は有料記事です。残り501文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!