中国軍、台湾周辺の演習「完了」宣言 警戒は「常態化」、緊張なおも

有料記事

北京=高田正幸
[PR]

 台湾周辺の海空域で軍事演習を続けていた中国軍の東部戦区は10日、「任務を完了した」として、演習の終了を表明した。ただ、今後も訓練やパトロールを常態的に行うとして、台湾への圧力を継続する構えを示した。台湾海峡をめぐる緊張が続く可能性もある。

 中国国防省の譚克非報道官は同日、談話を発表し、一連の演習は「台湾独立勢力と外部勢力が結託した挑発に対する厳正な威嚇だ」と表明した。

 譚氏は、平和統一に向けて最…

この記事は有料記事です。残り383文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!