楽天・三木谷氏「真剣に使う人が増えている」 モバイルの赤字が改善

有料記事

杉山歩
[PR]

 7月に「0円プラン」を廃止した楽天モバイルの契約数が6月末時点で546万件となり、3月末時点から22万件減ったことが、10日分かった。楽天グループが2022年6月中間決算(国際会計基準)で発表した。純損益は1766億円の赤字で、前年同期から995億円悪化した。

 楽天モバイルの契約件数は、本格的にサービスを始めた20年4月以降増え続けていた。今年5月には、データ通信1ギガバイト(GB)まで「0円」の料金プランを変更し、3GBまで月額1078円とする新たなプランを発表した。

 受け付けを停止した格安スマホ(MVNO)の契約数を除くと477万件で、3月末から14万件の減少となった。発表後に解約した人の8割は、0円で使える1GB未満の利用者だった。

 モバイル事業では、基地局の…

この記事は有料記事です。残り636文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!