「25年間、幸せな競技人生」 アイホ五輪主将の大沢さんが現役引退

有料記事

能田英二
[PR]

 アイスホッケー女子日本代表の主将として3大会連続で冬季五輪に出場した大沢ちほさん(30)が10日、現役引退会見に臨んだ。「競技から離れるのは寂しいが、25年間、ずっと楽しくて、ずっと幸せな競技人生だった」と述べ、今後は競技の普及に全力を注ぐ。

 大沢さんは元日本代表の父の影響で6歳でアイスホッケーを始め、北海道・苫小牧東高在学時に日本代表初選出。パワーとスピードを武器としたFWで活躍し、五輪出場が常連となった「スマイルジャパン」の象徴的な選手に上りつめた。

 大沢さんは引退を決めた理由について「北京五輪の予選4試合を戦って、今できるパフォーマンスが限界だと感じた」と明らかにした。次の五輪に向け、現在の能力を維持するのが精いっぱいで低下は免れないと悟り、決断したという。

 すでに2030年の冬季五輪…

この記事は有料記事です。残り142文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!