ビール大手4社増収、飲食店向けが復調 2022年6月中間決算

有料記事

山下裕志
[PR]

 ビール大手4社の2022年6月中間決算が10日に出そろった。飲食店向けビール類の販売が復調し全社が増収となった。海外の事業や医薬関連も業績を押し上げた。

 サントリーホールディングス(HD)とアサヒグループHDは、中間期としてはコロナ前を上回る過去最高の売上高となった。国内で飲食店に営業時間の短縮などを求めた「まん延防止等重点措置」が3月に全面解除され、ビール類の販売量が伸びた。

 海外ではサントリーは高級ウイスキー、アサヒはビールの売れ行きが好調で、円安もあって売上高や利益に貢献した。

 キリンHDは飲食店向けを伸…

この記事は有料記事です。残り492文字有料会員になると続きをお読みいただけます。