「安定重視」?の内閣改造、私たちの「安定」じゃない 能條桃子さん

有料記事

聞き手・伊木緑
[PR]

 第2次岸田改造内閣の顔ぶれなどについて、若者に政治参加を促す「NO YOUTH NO JAPAN」代表の能條桃子さん(24)に聞いた。

 内閣改造や組閣のたびに思うことですが、いまの日本の政治をよく表しているなと思います。

 まずは女性閣僚が2人しかい…

この記事は有料記事です。残り834文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年8月11日8時5分 投稿
    【視点】

    自民党にとっては安定重視の内閣改造かもしれないけど、という能條さんのご意見に賛成です。岸田首相は昨日の記者会見で「数十年に一度とも言われる難局を突破するため」「皆様の期待に応える有事の内閣を速やかに整えていく」と説明しました。でもその難局に

  • commentatorHeader
    たかまつなな
    (時事YouTuber・笑下村塾代表)
    2022年8月11日0時7分 投稿
    【提案】

    女性が少ない、専門性がある人が起用されているのか疑問、席の譲り合いなど能條桃子さんの意見に同意します。加えて、若手の登用も私は期待しています。 岸田総理は、去年の自民党総裁選において、中堅・若手の登用を掲げた。今回は、総理大臣と19人