「基本給6万円は不当」 引っ越しのサカイ社員らが改善訴え

有料記事

上地兼太郎
[PR]

 引っ越し大手「サカイ引越センター」の社員らが、賃金の大半が「出来高払い」なのは不当だとして、会社に制度の改善を求めている。出来高払いだと毎月の賃金の変動が大きくなるうえ、残業代の割増率が低いため、長時間働いても賃金総額が抑えられる仕組みだと主張している。

 同社の労働組合と弁護士が10日に会見を開いた。それによると、荷物を運ぶ作業員やドライバーら「現業職」の基本給(固定給)は月6万円ほど。それに加えて、扱った引っ越し件数などに応じた業績給が出来高払いで支払われるという。

 残業1時間あたりの賃金は…

この記事は有料記事です。残り543文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!