あと1本、この決め球の難しさ 創志学園の初戦敗退を顧みる

小沢邦男
[PR]

 4年ぶりに夏の甲子園に出場した岡山代表の創志学園は、7日の八戸学院光星(青森)戦で3―7で敗れた。何度も好機をつくったが、相手3投手を攻略できず適時打ゼロ。全国の強豪と相対する大舞台で一勝を挙げる難しさを担当記者が顧みた。

堅守のほころび

 岡山大会は5試合で失策はわずか1。長沢宏行監督に鍛え上げられた堅守を武器に夢舞台に挑むはずだった。

 序盤は岡山大会で見せた堅い守備が光った。一、二回は走者を出したが、ともに遊撃手・上田(2年)が軽快に打球を処理して併殺に。三回も難なく打者3人で終了。不動のエース岡村(3年)は三塁を踏ませぬ好発進だった。

 四回、先頭打者の右前に落ちそうな飛球を右翼手・木村政(同)が滑り込んで好捕した。次打者の一、二塁間への高いバウンドのゴロは二塁手・岩本(同)がさばいた。ただ、一塁手・谷(同)も打球に反応してしまった。一塁に戻るのが遅れ、捕球し損ねた。

 続く連打と犠飛で2点先取を許した。谷は「声かけができていなかった」と失策を悔やんだ。

 岡村は失点した四回と五回以外は危なげなく、六回と七回は出塁を許さなかった。しかし八回、相手打線のスイングに気迫が増した。三塁手・金田(同)が強烈な当たりを体を張って抑えて一度はピンチの芽を摘んだが、続けて3連打を含む長短4安打を浴びた。

 息の合った強気の投球を続けてきた岡村と竹本(2年)のバッテリーだが、八回は二つの暴投と捕逸1を記録した。試合を決定づける3点を奪われた。岡山大会では信じられない場面だった。自信の直球に食らいつかれ、サインに迷いが出たのだろうか。過去に経験のない重圧があったことは間違いない。

 岡村は12安打を浴びたものの、「不運」も重なったように見えた。この日は打ち取った打球が左翼線や右翼線に落ちた。それでも八回、最後の打者を見逃し三振に。春以降の公式戦13試合をほぼ1人で投げ抜いてきた意地が伝わってきた。

あと1本が出ず

 一方の打撃。失策1を記録した谷は五回、中前打で挽回(ばんかい)。横井(3年)の犠飛で1点目のホームを踏んだ。

 六回にはこの試合初の連続出塁。竹本の犠飛で1点を返し、2点差に迫った。持ち前の「泥臭さ」を発揮し、食らいついた。

 七回、1死から死球と連打で満塁の好機。打順は3番の岡村に回ってきた。岡山大会の準々決勝では5打点と大当たりだった。今回はフルカウントまで粘ったが空振り三振を喫した。

 続くのは前の打席まで3安打の4番金田。難しい球をファウルにして失投を誘ったが、8球目、力ない打球が中堅に上がった。無念の3者残塁。「ファウルにしようと当てただけになった……」。ここぞで相手の継投をとらえられなかった。

 11安打を放ちながら得点は3。七回は満塁、八回も二、三塁の好機をつくりながら続く1本が出なかった。12安打の八戸学院光星は連打や敵失に乗じて得点を重ねた。岡山大会での創志学園の戦いぶりを見ているかのようだった。

 「甲子園は怖いところ。だけど俺たちも頑張ってきた」。八回、マウンドに集まった野手陣は冬の走り込みの日々を思い出した。「粘るぞ」と再確認した。

 九回、先頭横井がこの日チーム初の長打となる二塁打。金田は三ゴロでも激走、頭から滑り込んで敵失を誘い1点を返した。最後まであきらめない思いをプレーで示した。

新体制で「借りを返す」

 長沢監督はこの一戦が創志学園での最後の采配となった。「創部以来最弱」とされたチームが「監督を日本一に」を合言葉に挑んだ戦いは幕を閉じた。長沢監督は試合後、「粘り強く戦った。甲子園に導いてくれて感謝している」と教え子をねぎらった。

 新チームは東海大相模(神奈川)を12回甲子園に率いた門馬敬治氏(52)が指揮を執る。甲子園で最後の打者となった2年の竹本は誓った。「新体制でもやることは同じ。どのチームよりも練習し、来年、絶対に戻ってきて借りを返す」

 好機にあと1本。ピンチにこの決め球。ここぞの場面で、ここぞのプレーを出さなければ甲子園では勝てない。そんな経験を胸に、新たな戦いが早くも始まっている。(小沢邦男)