子どものゲーム「いつまでしてるの?」はダメ やり過ぎ防ぐ伝えかた

有料記事

山本知佳
[PR]

 ネットやゲームの利用時間が長いと、成績は下がる――。そんな傾向が、7月に公表された文部科学省全国学力調査の結果で明らかになりました。夏休みに長時間夢中になる子どもを見て、つい声を荒らげてしまうこともあります。やり過ぎを防ぐには、どうすればいいのか。ネットやゲーム依存のカウンセリングを手がける公認心理師の森山沙耶さんに聞きました。

夏休み前後に増える相談

 夏休み前から休み明けまで、相談は増えます。保護者の方から寄せられるものには、「以前はやっていた勉強をやらなくなった」「友達とも遊びにいかなくなった」「ゲーム機を取り上げようとしてけんかになった」などがあります。

 やはり夏休みは時間ができる。その分、暇をもてあまして、ネットやゲームの時間が増えることもあるでしょう。特に今は、コロナと熱中症が心配で、外にも出かけにくい。でも、ネットやゲームそのものが悪いわけではありません。

 問題なのは、長時間の利用が…

この記事は有料記事です。残り1450文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!