藤井聡太竜王、名人戦A級順位戦で初黒星 菅井竜也八段に敗れる

有料記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の第81期名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)2回戦の最後の対局として、藤井聡太竜王(20)=王位・叡王・王将・棋聖と合わせ五冠=と菅井竜也八段(30)の対局が10日、名古屋市の「名古屋将棋対局場」で指され、藤井竜王は109手で菅井八段に敗れ、A級初黒星を喫した。藤井竜王も菅井八段も1勝1敗となり、開幕2連勝の広瀬章人(あきひと)八段(35)、稲葉陽(あきら)八段(34)の2人を追う展開となった。

 先手番の菅井八段の中飛車に、藤井竜王は居飛車で対抗。中盤でリードした菅井八段が熱戦を制した。

 終局後、勝った菅井八段は「…

この記事は有料記事です。残り253文字有料会員になると続きをお読みいただけます。