国外脱出のスリランカ前大統領、次はタイへ 亡命は求めず転々と

有料記事

ハノイ=翁長忠雄
[PR]

 経済危機による混乱を受け、7月に国外に脱出したスリランカのラジャパクサ前大統領が、タイへの入国を求めていると10日、タイ外務省が明らかにした。タイへの政治亡命は求めていないという。

 シンガポールに滞在中のラジャパクサ氏から入国申請があった。外交旅券を持っており、90日間の滞在が可能だという。タイメディアによると、プラユット首相はラジャパクサ氏が11日にタイに到着する予定だと認めた。首相は「人道上受け入れる。ラジャパクサ氏が政治的活動や誰かとの面会でタイを利用することはない」と述べたという。

 AFP通信によると、ラジャ…

この記事は有料記事です。残り143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!