金正恩総書記がコロナ感染? 「高熱で苦しんだ」と妹の与正氏

有料記事

ソウル=鈴木拓也、瀋陽=金順姫
[PR]

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記の妹、金与正(キムヨジョン)朝鮮労働党副部長は10日、新型コロナウイルスの防疫対策をめぐる発言で、正恩氏が「高熱の中でひどく苦しんだ」と言及した。朝鮮中央通信が11日に伝えた。韓国の専門家やメディアは、正恩氏が新型コロナに感染していたことを示唆したのではないかとして注目している。

 同通信によると、与正氏は新型コロナの防疫対策をめぐって正恩氏が「勝利」を宣言した10日の会議に出席。討論で正恩氏を「人民の生命を守るために、対策と方策を直接示していただいた」と礼賛したうえで、「高熱の中でひどく苦しみながらも、自分が最後まで責任を負わなければならない人民たちのことを考え、一瞬も横になれなかった」と述べた。

 韓国統一研究院の洪珉(ホン…

この記事は有料記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!