名将も悩む「避けては通れない継投」 理想のタイミングが見えた一戦

有料記事

山下弘展
[PR]

 プロ野球でも高校野球でも、監督が試合で一番悩むのは、投手の代え時だ。

 横浜の部長として松坂大輔さんや涌井秀章(楽天)ら、多くの好投手を指導した小倉清一郎さんに以前、たずねたことがある。

 試合に与える影響が小さい、投手の代え時はいつか、と。

 返答はこうだった。

 「2死走者なし、からかな」

 イニングの最初から交代して…

この記事は有料記事です。残り1051文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。