北日本では停滞前線、東日本には台風接近 荒天、お盆を直撃か

有料記事

吉沢英将
[PR]

 北日本に停滞する前線の影響で、12日にかけて再び非常に激しい雨が降るおそれが高まっている。台風へ発達すると見込まれる熱帯低気圧も東日本太平洋側に接近している。帰省シーズンに荒天が予想され、気象庁は11日、「外出する方は、目的地の気象状況を十分確認してほしい」と呼びかけた。

 北日本の停滞前線には暖かく湿った空気が流れ込むと見込まれ、今後も活発化する見通し。12日には前線上の低気圧も北日本を通過し、非常に激しい雨が降るところがあるという。

 東北北部の日本海側では、8…

この記事は有料記事です。残り517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!