「おばあちゃんの漬物食べたい」 にぎわう帰省、手土産商戦にも力

有料記事

高絢実
[PR]

 新型コロナの感染が広がる中、3年ぶりに行動制限がない帰省シーズンを迎え、JR名古屋駅は11日、故郷や行楽地に向かう家族連れらでにぎわった。

 下り線ホームは、大きな荷物を持った人たちであふれた。岐阜県多治見市の無職中川恵彰さん(66)は、夫婦で関西方面に旅行へ向かうといい、感染対策を徹底した上で「おいしいご飯と温泉を楽しみます」。

 静岡県から石川県の実家へ帰省する女性(41)は「ギリギリまで悩んだが、子どもたちが祖父母に会う機会がコロナ禍で減ってしまい、感染に気をつけた上で行こうと決めた」と話す。小学5年の次女(10)は「おばあちゃんの漬物を食べたいです」と声を弾ませた。

 JR東海によると、下りのピ…

この記事は有料記事です。残り188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。