第5回カラス、そこまで嫌わなくても良くない? 博士が語る研究の極意

有料記事

藤えりか
[PR]

 カラス研究の第一人者、動物行動学者の松原始さん(53)=東京大学総合研究博物館特任准教授=は子どもの頃、夏休みは朝から晩まで裏山で遊んで過ごし、「大した自由研究をやった記憶がない」。でも、その頃の体験が、今の研究につながっているといいます。

 特に印象に残っているのが、理科の教師だった父親の言葉だそうです。「観察」を大切にする研究の原点を聞きました。

 ――カラスにはネガティブなイメージもありますが、著書の一つ、「カラスはずる賢い、ハトは頭が悪い、サメは狂暴、イルカは温厚って本当か?」などで、そうした固定観念への問題提起をしておられます。

 カラス、そこまで嫌わなくても良くない?と思います。

 カラスは、生態系のありとあらゆるところに顔を出す、ものすごくマルチタスクな鳥ですが、一方で意外と間抜けなところがあります。それに、人の顔を覚えることも含めて、カラスにできることってほぼハトにもできるんですよ。時間はかかりますけど。

 ――カラスが飛んできたら襲われそう、と怖がる人も多いですが……。

 カラスは基本、子ガラスを守る時以外は人に手を出さないので、ほうっておいて大丈夫ですよ。カラスの方が人をよけますから。

 だって公園に何百羽といたって、人間が集中的に蹴られたって話、聞いたことないでしょ?

外でご飯を食べている時にカラスが寄ってきたら?

 ――でも、例えば外で昼ご飯などを食べている時にカラスが寄ってきたら、どうしたらいいんでしょう?

 その辺まで寄ってきて、「それくれないの」って見に来るとは思いますけど、「やらねえよ」って言えばいいんです。そこでシッシッとか言っても、「ケチー」みたいな顔をして逃げるだけで、怒んないですよ。

 ――カラスには、子どもの頃から興味があったんですか?

 カラスそのものには、小学校に入るかどうかぐらいで興味を持ちました。

 うちの近くにカラスのねぐらがありまして、秋になると夕方、100~200羽が次々と群れを成して、カーカーと鳴きながらうちの上を飛び越えて行くんですよ。

 こっちからカーって言ったら返事しねえかと思って、下からカーって言ってみたら、鳴きました。

 後になって考えると、返事かどうかわかんないですよね。ですが、とにかくその頃から、カラスって「鳴いたら返事するちょっと面白いやつ」っていう位置づけになりました。

 ――それで、カラス研究をするために大学へ?

 いえいえ。大学に行くまで、カラスは放置でした。

 京都大学理学部に入学し、動物学でフィールドワークをやってみたいと思い、大学のサークル「野生生物研究会」にも入りました。そこで、自分でやりたいものは何か自問自答した時に、記憶をたどってカラスに気づいたんです。

 ただし、カラスは先行研究もほぼゼロ。先行者がいないのは、網をおろしても何も取れないからではないか、とも思いました。

 でも、別に結果が出なくてもいいか、と。元来の「記述」「観察」好きから、とりあえずカラスを眺めてやろうと思いました。

 そう思えたのも、おやじの言葉がありました。

「とりあえずカラスを眺めよう」 きっかけをくれた言葉

 ――どんな言葉ですか。

 おやじは高校で理科の教師をやっていて、小学校の頃、こんなことを言われました。

 「やってみて、結果で何かが…

この記事は有料記事です。残り2400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

ハグスタ

ハグスタ

HUG STA(ハグスタ)は、子育て世代に開いたニューススタンドです。[記事一覧へ]