北朝鮮「コロナゼロ」宣言 「建国以来の動乱」3カ月で鎮めた狙い

有料記事新型コロナウイルス

ソウル=稲田清英、瀋陽=金順姫
[PR]

 北朝鮮が10日、国内での新型コロナウイルスの防疫対策の「勝利」を宣言した。事実上の感染拡大を認めた時期からほぼ3カ月で「収束」させたとの主張で、金正恩(キムジョンウン)総書記の新たな業績と位置づける。一方で流入経路として韓国を名指しして「強力な報復」の可能性を示唆した。

 朝鮮中央通信は11日、平壌で10日に開かれた「全国非常防疫総括会議」で金総書記が「流入した新型コロナウイルスを撲滅し、人民の生命と健康を守るための最大非常防疫戦において勝利した」と宣言したと報じた。「危機が完全に解消されたとの結論に至った」とも述べたという。

 北朝鮮は5月12日に初めて国内で感染したとみられる例を公表した。「建国以来の大動乱」として直後から連日、4月末から急増したという1日あたりの「発熱者」の数の発表を始めた。

 一時は40万人に迫ったが…

この記事は有料記事です。残り949文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]