明徳義塾エース、内外角散らして持ち味 馬淵監督「負けは監督の差」

鈴木芳美
[PR]

 明徳義塾は大会第6日の11日、初戦となる2回戦に登場し、九州国際大付(福岡)に1―2で惜敗した。先取点を挙げ、エース吉村が終盤まで粘りの投球を見せたが、打線は好機にあと1本が出ず、勝利をつかむことはできなかった。

     ◇

 警戒していた相手の中心打者は抑えた。しかし、試合には勝てなかった。

 明徳義塾のエース吉村優聖歩君(3年)は、粘り強く投げた。左横手投げから変則的に繰り出す球を打者の内外角に散らし、九州国際大付打線に的を絞らせない。持ち味は発揮した。

 二回、大柄で長打力のある5番の左打者、佐倉俠史朗君(2年)を三振に仕留めた。直後の三回、味方が1点を先取し、試合の流れをつかみかけた。

 しかしその裏、先頭打者に死球を与えてリズムを崩す。適時打で追いつかれ、四回には堅守を誇ってきた味方の失策がらみで勝ち越された。

 それでも、崩れないのが甲子園のマウンド経験豊富な吉村君の真骨頂。六回は1死一塁で佐倉君を迎え、二ゴロに打ち取った。その後2死一、二塁になったが、三振で切り抜けた。「1点差が続いていたので、これ以上は点をあげない気持ちだった」

 八回は1死二塁で4番を申告敬遠し、佐倉君と対する。ここも初球を遊ゴロ併殺で切り抜けた。

 迎えた九回の攻撃は自身が先頭打者だったが、塁に出られず三者凡退。明徳義塾の甲子園が終わった。

 2年生だった昨夏の甲子園。準々決勝の智弁学園(奈良)戦の逆転サヨナラ負けのマウンドに吉村君がいた。悔しさを胸に、この1年を過ごしてきた。足りなかったのは何か。相手に押された時、受け身になってしまった「気持ちの部分」と気づいた。

 日々の練習でも、ダッシュの最後の一歩まで力を抜かずに走りきった。捕手の林大心君(3年)は「ピンチでも動じず、抑えた」と成長を認める。

 早すぎる夏の終わり。それでも吉村君は「やりきった気持ち」。1年の成果は見せた。(鈴木芳美)

     ◇

 ●馬淵監督(明) 「自分たちの打撃ができなかった。吉村は失策絡みの2失点だけだったので、よく投げた。負けたのは監督の差でしょう」