電子マネー30万円「絶対詐欺やろ」 店員は制服を脱ぎ、走り出した

有料記事

中川壮
[PR]

 【愛媛】コンビニで30万円分の電子マネーを買おうとした高齢の男性客。店員が「詐欺だ」と告げると、男性は「他の店で買う」と言い残してタクシーで去って行った。店員は、タクシーを追いかけて走り出した。

 7月24日午後6時15分ごろ、松山市西垣生町の「ファミリーマート西垣生店」。近くに住む70代男性がスマートフォンで話しながら、上限が10万円の電子マネー3枚をレジに持ってきた。

 応対したアルバイト店員福本和美さん(46)はすぐにピンときた。「これ詐欺よー」と諭しても、男性は「だまされとってもいいけん、売ってくれ」と聞き入れない。レジの奥に行って松山西署に連絡し、戻ってきてスマホの通話を男性と代わると、相手に切られた。

 だがすぐに電話がかかってきた。男性は「他の店に行け、言うから行く」と店を出て、待たせていたタクシーに乗ろうとした。福本さんは引き留めようと運転手に「帰ってください」と言ったが、運転手は「まだお金をもらっていない」。男性を乗せて走り去った。

 福本さんは店の制服を脱ぎ…

この記事は有料記事です。残り511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!